剣と魔法のダークファンタジー「ベルセルク」の世界!

「それは 剣と言うには あまりにも大きすぎた」 「大きく ぶ厚く 重く そして 大雑把すぎた」 「それは 正に 鉄塊だった」 !!! 物語の背景は、中世ヨーロッパです。 身の丈を超す大剣を背負って、いかつい鉄の義手をつけ、全身黒ずくめの剣士「ガッツ」。 彼の左腕は前腕が有りません、片目は潰れ、首には生贄の烙印が押されていました。 烙印を押した張本人と、それを崇める人外の化け物「使徒」たちへの復讐を誓い、旅を続けています。 敵の使徒とは、普段は人間の様な外見をしていますが、自らの意思で怪物に姿を変えます。 ... Read More